HSP母は要注意!読み聞かせの最中に、子供より先に自分が泣いてしまう絵本。

今日も1日頑張って、やっとのことで子供たちを布団まで連れて行き、あとは寝かしつけだけだ。
最後に絵本読んで寝かそう。と思って手に取った絵本。

図書館の目に留まるところに置いてあったので、たまたま借りてきた、こちら。

「おかあさん だいすきだよ」

パラパラめくってみて、絵も可愛いし、字も可愛いし、出てくる男の子が息子みたいで、なんとなく借りてきたのですが・・・

ラスト3ページが危険です。

不意打ちだったので、読みながら号泣してしまいました。

子供たち、きょとん。
え?なんで泣いてるの? です。

さらに、追い打ちをかけるように作者からのあとがきが続きます。
この内容がまた・・・泣けます。そうなの!本当にそうなの!ごもっとも!

そんな子どもたちに甘えてあぐらをかかないように、少しでも良い母になれるように、まともになれるように頑張らなければ・・・と心を新たに、息子をギューッと抱きしめながら、「おかあさんのところに来てくれてありがとう!だいすきだよ!」とクドクドと伝えました。

「大人のくせに泣かないでよ〜」と息子。

子供の前で泣く母親は・・・情けないと思います。
理想は、子供の前では常に笑顔な母です。

私の母が、私の前で涙を見せたのは、一度だけ。
なので、そういう母でないとと、強い母でないとと思っていたけれど、自分が母になり、子供を育ててみて、私はそんな強い母にはなれませんでした。
良くないと思いながらも何度も泣いてしまっては、「自分は弱い、ダメな母だ」と落ち込みました。
 

でも、こういう強くない私の一面は、HSPゆえなのではないかと今では思うのです。
生まれながらにして持つ気質で、努力で変えられないのなら、自分にムチ打ってみたところで仕方なかったのかも・・・
(私の勝手な判断ですが、私の母親は絶対HSPではないと思います。繊細というより天然タイプ・・・) 

私は、すぐ泣いてしまう母だけど、絵本に共感しすぎて最後まで読めなかったりする母だけど、とりあえず、あなたのことは大切に思ってるよ!ということだけ伝わればいいなと、今晩の読み聞かせをして思いました。

ちなみに、読み聞かせで泣いてしまったのは今回だけではなく、以前にも一度、泣いてしまった絵本があります。NHKのてれび絵本でもやっていたので有名な本なのかもしれないです。

画像はお借りしました

「おかあちゃんがつくったる」

  

これもラストが泣けます。

結局、子供を想う母ネタに弱いんですね。

HSP
スポンサーリンク
シェアする
こんをフォローする
日日是好日

コメント