HSP母にはキツい。大人数の公園遊びの苦痛を和らげる方法。

先日、親子合わせて30人以上集まった公園遊びに参加してきました。
以前の私であれば、終わったあとは疲れと自己嫌悪でグッタリだったはずですが、
今回は、親子共々楽しく過ごすことができました。
(もちろん、多少の気疲れや緊張はありましたが・・・)

HSP気質ゆえに、幼稚園の集まり憂鬱だなぁ・・・と思っているママさんへ。
公園遊びの最中に心掛けたこと、私が少しだけ精神的に楽になれた方法をまとめてみました。
よかったら読んでみてください。

自分はHSPだと気づくことが、楽になる第一歩

自分がHSPなんだと気づく前、とにかく幼稚園の集まりが苦痛でした。
懇親会、ランチ会、公園遊び、ハロウィン、クリスマス会、遠足などなど・・・
その数の多いこと・・・
そのたびに、帰宅後はグッタリ・・・起き上がれず、食事も作れないほどの心労だったのです。

「幼稚園のママ付き合いが面倒だという話はよく聞く。
だけど、他のママさんたちもこんなに疲れ果てているのだろうか・・・」
「こんなにしんどいのに、子供のためだからと企画したり、楽しそうに参加したりしているのだろうか・・・」

明らかに、自分と他のママさん達との間に感覚のズレがあると感じたのはこのときでした。

その後、HSPという気質の人間が、世の中の20%程度居ると知り、私のモヤモヤは一気に晴れました!
20%、5人に1人ということは、30人のクラスだと、単純計算すると6人程度のママはHSPということになります。

「皆、楽しそうにしてる・・・」と思っていたけれど、
30人いて24人楽しそうにしていたら、皆楽しそうに見えますよね。
6人くらいはいつも参加しなかったり、ポツンとしているママさんもいるなぁ・・・と気づいたのです。

「私は他のママさんみたいに社交的にはできないけれど、それはHSPだからなのかもしれない。」
「私の努力が足りないとか、性格がこんなだからとか、それだけではないのかも。」

そう思っただけで、だいぶ気持ちが軽くなりました。

大人数の公園遊びに参加するまでの経緯

幼稚園ママならば避けては通れない道(?) 降園後の公園遊び。
先日、比較的お話しやすいママさんから誘われて、重い腰を上げて公園遊びに参加してきました。

最初は、「春休み是非一緒に遊んでください〜」と声をかけられたことから始まります。
誘われると断れないHSP。
誘ってくれたママさんは話しやすい方だし、子供同士も同じクラスで顔見知りだったこともあり、一緒に遊ぶことにしました。

ここまでは良かったのです。
ここからが幼稚園ママの凄いところです。

後日そのママからLINEがありました。

 

公園遊びなのですが、A君、B君、C君、D君も一緒に良いですか?

Σ(O_O;)

これもあるあるですよね・・・
皆さん社交的過ぎて、友達の友達は友達!みたいなところがあります・・・
HSPの私としては、気の合いそうな人と1対1のほうがやりやすいんだけど・・・と思うのですが、
公園遊びは大勢でワイワイ!が周りの定番となっている様子。
一気に6家族の集まりとなりました。

さらにその後、またしても友達の友達は友達方式で、全く面識の無い4家族が合流となり、
大人数の公園遊びがスタート。
メンバー的にも展開的にも、以前の私なら冷や汗ものですが、今回は大丈夫でした。

諦めが肝心? 頭に入れた対処法を試す

HSPの本を色々読んでみましたが、
ママ付き合いに必要な能力がアップする方法はどこにも書いてありませんでした。

やれることは

出来ないことを認めて、頑張りすぎなくて良い

ということです。


私がやった具体的な方法は以下の通りです。

参加しているだけで素晴らしいと言い聞かせる

こんなに人と居ると疲るのに、
話の輪に入れず気まずい思いばかりするのに、
あれこれ気を使って、その割に誰とも打ち解けられないのに、
果敢にもこんな大人数の集まりに参加していること自体が凄いことだ!と自分を褒めちぎりました

楽しい話題を提供できなくても良い。
気の利いたコメントを返せなくても良い。
私はただここに来ただけで十分頑張っているのだと。

母のヒヤヒヤなどおかまい無しで、子供同士は楽しそうに遊んでいますよね。
その姿を眺めながら、
「私が頑張ったから、子供達は楽しそうだ。それで十分じゃないか」と思うようにしました。

ちょこちょこ1人になって、休憩を取る

「話が途切れてしまって、無言な空間に耐えられない。」
そんな時は子供の様子を見に席を立ちます。

「結構頑張って話が出来た!」
そんな時も、かなり無理してやっているので、休憩のため席を立ちます。

私にはまだ二歳の子がいるため、目を離すのが危ないという理由で席を立ちやすいので助かります。

出たり入ったり、せわしないと思われるのでは・・・?と心配になったりもしますが、
きっと、こちらが思っている程、周りは自分のことなど気にしていないのです。

他のママたちを観察する

大人数の集まりになると、いろんなタイプのママさんが居ます。
そのママさん達を観察してみると結構面白かったです。
凄く柔らかで優しい雰囲気なのに、きちんと自分の意見を言える方。
口数も少なく、ブスッとしてみえるのに堂々としていて、たまにニコッをする笑顔が素敵な方。
初対面の私にも完全オープンスタイルでなんでも話してくれる方などなど、
自分と全然違うタイプのママさんをこっそり観察できるのが意外と楽しい。
人数が多いからこそ、直接お話しなくても様子が伺えて、色んな人がいるんだなぁと妙に感心しました。

自分とは正反対の、明るくて、社交的なママが素晴らしいと思っていたけれど、
こうしてみてみると、色んな人がいて、それぞれ面白いところがあって、それで良いんだな〜などと今更ながらに感じた1日でした。

まとめ

子供にとって、子供同士で遊んでいる時がなにより楽しそう。
それなのに、私がアクティブな性格じゃないばかりに、なかなか遊ぶ機会を作ってあげられず、後ろめたさを感じていました。

でも、自分がHSPだと知り、自分の弱点は生まれつきだと知り、必要以上に自分を責めるのはやめようと思いました。
できない自分を責めたり、人付き合いが苦手であると悟られないように、無理して振る舞うことをやめたら、公園遊びの苦手意識も少し薄らいだような気がします。
(懇談会やランチ会などのように、逃げ場がない集まりの場合はまた違ってくると思いますが・・・)

頑張らないことで、「あー、あの人つまらないなぁ〜」と思われてもいい。

こんな私ですがなにか?

ぐらいの開き直りがあっても良いのかなと思います。


もともと繊細な自分。考えすぎる自分なのです。
こんな適当で良いのかしら・・・ぐらいで普通なのかもしれません。

・・・とはいえ、また大人数の集まりに参加することになったら憂鬱な気分になると思いますが、考え方を変えつつ、徐々に苦手克服していけたらと思います。

HSP
スポンサーリンク
シェアする
こんをフォローする
日日是好日

コメント